日記

ブログやるならJUGEM
<< プロ野球スピリッツ4 | main | スポーツニッポン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
野球拳
ー野球 拳ー

や〜きゅう〜す〜るなら〜♪ってこのフレーズってみんな聞いたことありますよね!そうそう!野球拳!この間会社の飲み会で久々に野球拳をやりました(笑)まったく、会社の親父どもと来たら。そんなに女の裸がみたいんですかね?

ところで野球拳の由来ってみんなしってます?私も知らなくて、会社のエロおやじにちょっとだけ、話を聞いて知りました。
なので、軽くレポートしてみました。

野球拳とは、愛媛県松山市に伝わる郷土芸能、宴会芸である。本来は三味線と太鼓を伴奏に合わせて歌い踊り、じゃんけんで勝敗を決する遊戯であるが、テレビのバラエティ番組の影響で、じゃんけんで負けた相手の服を脱がせるゲームとして広く知られており、お色気ゲームとしての認識がより一般的だったりします。

由来と歴史、1924年10月、伊予鉄道電気野球部が高松市で高商クラブとの野球の試合を行なったが、0-6で敗れた。この試合後、旅館で行われた対戦相手との夜の懇親会における宴会芸で、昼の敵を取るべく披露した演技が野球拳の始まりである。当時伊予鉄野球部のマネージャーをしていた川柳作家の前田伍健(1889年 - 1960年)が、元禄花見踊りの曲をアレンジし即興で作詞・振付けをしたものであった。なおこの時はじゃんけんではなく宴会芸由来であったことから狐拳であったと言われている(1947年の伊予鉄忘年会でじゃんけんに改められた。昼の負けはともかく夜の勝負に勝った一行は揚々とこの踊りを松山に持ち帰り、松山の料亭での「残念会」(あくまでも、野球の試合では負けていた)の場で披露した。以後、宴会芸の定番となる。また伊予鉄野球部が遠征する度に野球拳が披露されており、普及の一助となっている。

1954年には野球拳の歌がレコード化されブームとなった。この時、他地区との間で本家争いが発生。伊予鉄野球部が方々で披露したことが一因であったが、黎明期に松山の料亭で撮影された野球拳の写真が決め手となり、野球拳の詞は前田伍健の著作物として認知されることになった。前田は自身を宗家とする家元制度を取り入れ、本家野球拳の普及発展に尽力した。現在、和太鼓奏者の澤田剛年が四代目家元を務める。その後、松山まつりでも取り入れられ、1970年から各団体の連が街を練り歩くようになった、松山市制百周年記念の1989年からはサンバ調の野球サンバも加わるようになった。又、1983年の松山春まつりから松山城で本家野球拳全国大会が行われている。

ルール、通常は3人一組による団体戦で行なわれる。

双方1名ずつが前へ出て対峙する。行司の「プレイボール!」の掛け声とともに競技開始。
三味線と太鼓の伴奏に合わせて歌い踊る。 歌の終盤で「アウト! セーフ!」のかけ声に合わせて、野球の塁審のジェスチャーをする。 「よよいのよい!」の掛け声に合わせてじゃんけんの手を出す。あいこの場合は決着がつくまで「よよいのよい!」のじゃんけんを繰り返す。じゃんけんの勝負が決したら、「へぼのけ、へぼのけ、おかわりこい」(伊予弁で「へぼ」は下手な奴を、「のけ」は「どけ」を意味する)のお囃子と共に負けた者は退場し、次の者に交替する。 一方の選手が全て敗れた時点で3アウトでゲームセットとなるみたいです。

| - | 00:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:51 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ