日記

ブログやるならJUGEM
<< 菓子 作り方 | main | 子供ちゃれんじ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おはぎ作り方
おはぎ作り方

おはぎ作り方紹介。

おはぎ作り方(1)

小豆600gを鍋に入れて水を張り、

強火にかける。沸騰したら茹でこぼし、

また水を入れ強火にかけ

おはぎ作り方(2)

(1)を3回ほど繰り返してアクを抜き、

かぶるくらいの水を入れた鍋を中火にかけ、

途中、豆が顔を出さないように、水を差しながら、

豆が柔らかくなるまで煮る。

おはぎ作り方(3)

小豆の6〜8割くらいの砂糖を

3回くらいに分けて加えて煮る。

底が焦げないように、時々しゃもじで底からかき混ぜる。

あんまり混ぜすぎると

豆が割れて白っぽい餡子になるので、ほどほどに。

しゃもじが重く、鍋底にすーっと一文字を書いて

0.5秒後くらいに見えなくなるようになったら

火を止める。水滴が落ちると味が落ちるので、

蓋をせずに冷ます。

※ ちょっとゆるいかな?

くらいで火を止めておくのが、

しっとりした餡子を作るコツ。

もしゆるすぎても、

また火にかけて練ればいいのです(-_^)

おはぎ作り方(4)

もち米3、うるち米2の割合で、

米を研いで、3時間以上水につけておく。

(前の晩にやっておくとベスト)

おはぎ作り方(5)

水を切った米を炊飯器の釜に入れ、

米の上7ミリくらいになるように水を貼る。

塩と砂糖少々を入れて混ぜ、

手を舐めて「ちょっとしょっぱ甘いな」くらいに味をつける。

※ ここで塩を入れると、おはぎを食べたとき、

餡子と餅が馴染む。砂糖を入れるのは、

お餅が固くならないため。入れすぎは禁物。

でもお忘れなく。

おはぎ作り方(6)

炊きあがったごはんを、

すりこ木で半づきにする。手水をつけて、

きな粉用は大き目の餅に、餡子用は小さ目の餅に丸める。

(熱いので注意)

おはぎ作り方(7)

手水をつけた手に大き目の餅を広げ、

丸めた餡子を乗せて包む。

砂糖と塩で味をつけたきなこをまぶせば、

きな粉のおはぎのできあがり。

おはぎ作り方(8)

固く絞ったさらしの布巾、

またはガーゼ、またはサランラップを広げた手に餡子を広げ、

そこへ小さめに丸めた餅を置く。

茶巾しぼりの要領でくるんと口を絞る。

ラップを開けば、餡子のおはぎのできあがり。

※ お尻のほうにはあまり餡子をつけないようにすると、

お皿に盛ったときくっつかなくていいですよ d(-_^)

おはぎ作り方(9)

できあがり

お好きなように盛りつけてめしあがれ(^。^)。

おはぎ作り方分かりましたか?

おはぎ作り方紹介終わります。
| - | 10:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:02 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ